桃の節句に思うことは

この間の3月3日は桃の節句でしたね。
ひな祭りなわけですが、女の子のお祭りで私もなんだか嬉しくなります。

それと同時に子供のころに飾られたお雛様とお内裏様を眺めてうっとりしていたのを思い出してしまいます。

自分のためだけに飾られた子供には大きすぎるこの飾りは家族が私にこめた思いなんだと思うと誇らしくもあり、また大人になるというちょっとした恥じらいもありました。


でも、そんな乙女らしい感情も雛段に飾られたお菓子とハマグリの吸い物、ちらし寿司を前にするとすっか
り忘れて、あの頃は本当に子供らしかったなと笑いが出てきてしまいます。

今ではスーパーなどでひな祭りのお菓子が沢山出ていますし、菱餅などではなくてもいい時代になったのだとも思いました。

ひな祭りの思い出はありますか?